人権オンライン

人権について考えてみませんか?

人権


人権とは、その名の通り人間が生まれながらに持っている社会の権利のことです。普通は、基本権や基本的人権と同義のものとしてとらえられています。

ただし基本権とは違い、他人から与えられたものではなく、生来的に有する(生まれながらに持っている)ものであるということが日本では多く語られています。
スポンサードリンク

社会的権利

・ 自由に発言できること
・ 自由に職業を選ぶこと
・ 宗教を自由に信仰できること
・ 自由に勉学ができること
・ 自分の選んだ相手と結婚
などがあります。日本では、多くの自由が与えられていますが、今でも自由が認められていない国は世界中で多数あるのが現状です。これらを見直すにはもっと多くの力や努力が必要になります。

障がい者の人権

障がい者にとって、自由に生活をしたり障がい者が住みやすくしたり平等な社会を作らなければいけません。そのためには、国や地方団体、国民全体がもっと障がい者にたいして多くの理解や社会を作っていくために、様々な対策を行わなければいけません。 障がい者が、一般の社会の中で変わりなく生活が送れるよう多くの条件を並べる必要があります。

ここで私たち日本人は、障がい者にたいして様々な取り組みをし、共に生きる社会こそ普通の社会であると言えます。この取り組みを「ノーマライゼーション」といいます。障がい者が、今よりももっと平等で、安心して生活がおくれるように現在では色んな活動や取り組みが行われています。

女性の人権

私たちが生きていく上で、自由な生活、男女が平等であり、一人ひとりの人権がしっかりと尊重されなければいけません。けれども、女性にたいして偏見や差別が多くあります。

男は仕事をし、女は子育てをしなければならない、更に夫からの暴力や職場でのセクシャルハラスメント、性による暴行など、女性の人権にたいする大問題があります。 女性が一人の人間とし、偏見や差別などがない自由な生活が送れるような社会づくりをしなければいけません。

女性人権の公布・施行の歴史

・ 1975年 国際婦人年
・ 1985年 男女雇用機会均等法・女子差別撤廃条約
・ 1999年 男女共同参画社会基本法

現代日本では、急激に感染者や患者数が増加しています。やはりの感染者が増加している事は、の事や、の本当の恐ろしさをしらない、という事が感染率増加の原因となっているのではないでしょうか。

現在は、日本人の感染率が圧倒的に多いです。予防や感染者をこれ以上増加させない為には、厚生労働省はもっと国民にの予防活動や、こうして増加している事実を今よりももっともっと伝える義務があります。

人権侵害について

人権侵害とは、国家権力が憲法の保障する基本的人権を犯してしまうことです。簡単に言えば人権を侵害してしまうことです。

・ 様々な人種や性別、信仰している宗教や思想などを根拠にし、暴言を吐いたり不当な扱いにしたりする
・ 若者や未成年者に勉学する自由を奪う
・ ネットでのいじめ、

このように、人間らしい社会生活や生きるということが妨げられているという事です。

私たちにとって人権とは、生きていく上で欠かせません。そのため良い所ばかりではなく、多く考えていかなければならない人権問題の課題も、どんどん生まれてきます。私たちが、未来の世界に生きていく大切な生命を持っていますから、そのためにもよりより世界平和を目指しましょう!

スポンサードリンク